エントリー

2023年01月の記事は以下のとおりです。

撤退、オーストリア帝国のロスチャイルド

世界がひっくり返る予兆でした。大和民族に好意的なユダヤ系の人から「逃げ遅れる前に祖国に引き上げなさい。2019年中に!」と助言された年始の出来事でした。戦争であろうが疫病であろうがバイオテロであろうが、因果関係不明のまま2023年も地球上の超過死亡数が増え続けることでしょう。

 

「ロスチャイルド家、200年の栄華に幕-オーストリア最後の土地手放す」
Matthias Wabl(2019年1月26日 4:26 JST)

興隆と衰亡、戦争を経験したロスチャイルド家の歴史が、200年を経て終わりを迎える。

フランクフルトを拠点に活動した銀行家、マイヤー・アムシェル・ロートシルト/Rothschilds(英語読みでロスチャイルド)は、19世紀初頭に5人の息子を欧州各都市に送った。

その1人、ザロモンはナポレオン戦争後のウィーン会議の年、1815年にウィーンで事業を開始。ロスチャイルド家は鉄道や製鉄所などへの投資で成功を収め、ハプスブルク帝国で最強の銀行家にのし上がった。Salomon M. v.Rothschild / Gemlde - Salomon M. v. Rothschild / Painting -

ザロモン・ロートシルト(1774-1855)
出所: Rothschild Archive

ロスチャイルドの分家は約7000ヘクタール(ニューヨーク、セントラルパークの20倍に相当)に及ぶニーダーエスターライヒ州の森を保有する2つの信託を、ウィーンを拠点とする包装材会社プリンツホルン・ホールディングスに売却することで合意したと、匿名の関係者が明らかにした。登記の移転はまだだという。

これは一族のアルベルト・フォン・ロートシルト男爵が1875年に取得した土地の一部。

ナチス・ドイツが1938年にオーストリアを併合した際に接収された。第2次大戦後に一部が返還され、一族の跡取りであるベッティーナ・ルーラム氏が2012年の死去まで住んでいた。死去後に2つの分家が土地を分割したが、いずれも今回、プリンツホルンに売却することにしたという。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-25/PLWH2Q6VDKHS010

 


原題:Rothschilds Sell Last Piece of Austrian Empire After 200 Years(抜粋)

https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=Rothschilds+Sell+Last+Piece+of+Austrian+Empire+After+200+Years

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

新着トラックバック

Re:ブースターショットの結果
2023/01/09 from Quick Fix Denver
Re:ブースターショットの結果
2022/07/27 from trendingsimple.com

Feed