エントリー

カテゴリー「PCとスマホ」の検索結果は以下のとおりです。

HDDが認識されない

ウィンドウズ10でUSB-HDDが認識されないときの対処。

コントロールパネル
→ 管理ツール
→ コンピューターの管理
→ ディスクの管理

「TwiDropper」でTwitter動画保存

iPhone/Android/PCすべてのプラットフォームで利用でき、別アプリを介さずに動画ファイルをダウンロード。

https://twidropper.appspot.com/

画質を3段階から選べるほか、GIF動画の保存にも対応。Dropboxとの連携もサポート。Twitterアカウントにログインして連携を許可すれば、非公開(鍵垢)の動画やDMで届いた動画の保存も可能。

TwiDropperの特徴】

  • ログイン不要(Twitterアカウントとの連携不要)
  • iPhone/Android/PC全対応、別アプリ不要
  • 画質の選択が可能(HD/SD/LDの3段階)
  • GIF動画をダウンロード可能(ただしMP4変換される)
  • 鍵垢がツイートした動画をダウンロード可能(要ログイン)
  • DMで送られてきた動画をダウンロード可能(要ログイン)

ubuntu 22.04 LTS

2027年4月までサポートされる Ubuntu Desktop 22.04 日本語 Remix 版が Ubuntu Japanese Team から公開されてます。

使い慣れた ubuntu の軽量化のためにデスクトップ環境をLXDEに変更するか、LXQtにするか、そうでなければ最初から lubuntu か Xubuntu をセットアップするか考えてます。

https://www.youtube.com/watch?v=AknQ6HyNPU0

 

因みにLXQtの日本化は Snap版 LXQt 言語パック をインストールします。
https://snapcraft.io/lxqt-l10n-snap

つまり、Ubuntu等、snapd がインストールされている環境であれば、次の方法でこのLXQt言語パックがインストールでき、一度インストールすれば、定期的に自動更新されて最新の翻訳ファイルが適用されます。

端末で次の2つのコマンドを実行後に再ログイン。

$ sudo snap install lxqt-l10n-snap --edge
$ /snap/lxqt-l10n-snap/current/setup

注)Lubuntu 等は Snapパッケージのインストール前に snapd のインストールが必要。

引用元:https://ito32bit.github.io/blog/2020/lxqt-japanese/

 

ubuntu に mozc 日本語入力をインストール:

$ sudo apt install ibus-mozc
$ ibus restart
$ gsettings set org.gnome.desktop.input-sources sources "[('xkb', 'jp'), ('ibus', 'mozc-jp')]"

因みに日本語 Remix 版は最初から mozc がはいっているはず。
参考)Ubuntu 22.04インストールしてからやること

 

LXDEデスクトップ環境などの mozc 日本語入力については以下のコマンド:

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

参考)Ubuntu20.04をUbuntu22.04にアップグレードする簡単な方法

ウィンドウズで通信速度を確認

  1. Ctrl + Shift + Esc キーを押下。

  2. 開いたタスクマネージャー窓の[パフォーマンス]タブ左ペインから使用している接続方法を選択。


  3. 上記[パフォーマンス]画面下部の「リソースモニターを開く」で通信している各タスクの確認が可能。

画像の背景削除

画像の背景削除サイトです。ドラッグ&ドロップで輪郭に沿って正確に切り抜くことができます。色々なソフトを試したところ、このサイトが使いやすく輪郭が正確でした。余分なバリ無く数秒で切り抜き処理が終わり、それをダウンロードできます。対応画像はビットマップかPNG。大きな解像度の画像が必要なときはユーザー登録が必要なようです。

https://www.remove.bg/ja

FireFox翻訳アドオン

40年もドイツ語圏で生活し、通訳案内士の国家試験を取ったり、公立学校の教諭をしたり、長年の功績が認められウィーン文化講座の名誉称号もいただきましたが、相変わらずドイツ語を読むのも話すのも書くのもおっくです。

今朝は、朝から Schneeglöckchen と Frühlingsknotenblumen の違いを調べてました。もちろんドイツ語のサイトです。

調べものは、さっさと飛ばし読みをしないと、時間と体力気力が削られます。日本語も含めて語学が苦手なので仕方ないとは言え、ドイツ語での飛ばし読みは頭が混乱します。

そこで何か良い方法はないかと探したところ、FireFox の翻訳アドオンが見つかりました。

この翻訳アドオンは英語翻訳だけでなく、ドイツ語も翻訳が可能です。翻訳結果は酷いものですが、一応は日本語です。お試しあれ。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/traduzir-paginas-web/

 

参考サイト:窓の杜レビュー「Firefox」向け翻訳アドオン

UbuntuにClipGrabを導入

Ubuntu/Debian系LinuxにClipGrabをインストールするコマンド。

sudo add-apt-repository -y ppa:clipgrab-team/ppa 

sudo apt update 

sudo apt install -y clipgrab

YouTubeなどから動画だけでなくmp3保存できるので重宝してます。

※ Linuxの他WindowsやmacOSにも対応してます。
  https://clipgrab.en.softonic.com/download

Windows10「送る」メニューのカスタマイズ

Windows10 で右クリックの送るにプログラムを追加や削除する方法です。

スタートボタンから「ファイル名を指定して実行」をクリック

 

上画像のように shell:sendto を入力して「OK」をクリック、

下記画像SendTo フォルダを開けます。

 

 

上記 SendTo フォルダにショートカットを貼り付けたり、削除したりして右クリックから表示される「送る」のリストを設定します。

 

参照サイト:
https://www.tipsfound.com/windows10/07009

ウィンドウズ10 で WinFD

WinFD Home Pageを開くと Last update 2005/10/06 です。開発が止まり15年以上になる大昔の業務ソフトです。 

このホームページによると、DOS時代にお世話になったFD作者さん出射厚氏が、2004年11月に没したとき、遺品のPCにWinFDがインストールされていたそうです。

 

さて、本題です。

WinFDが突然立ち上がらなくなることがよくあります。

使用環境は「Windows 10 Pro 64bit」
 
↓↓↓ゴミファイルが引っ散らかったWinFD画面(笑)

 

◆ 手元の環境ではウィンドウズ8をクリーンインストールしたときにWinFDが立ち上がらなくなりました。

ネット内のWinFD関連の過去ログを読み漁ったところ、XPのSYSフォルダーにあったDLLファイルがその後のウィンドウズに無いのが原因らしいです。それで、ウィンドウズXPのバックアップファイルから全てのDLLファイルも含めてフォルダごとコピーしたところ、問題なく動作するようになりました。

今回はこれで解決。一応ネット情報からの試行錯誤を以下に残します。

---

復旧は、レジストリエディタで「Chokujin」下の「WinFD」を削除:

「ファイル名を指定して起動」
⇒ 「regedit」
⇒ 「編集」 ⇒ 「検索」⇒「Winfd」

で探し Chokujin の下の WinFDフォルダ

¥¥HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Chokujin¥WinFD

このフォルダを丸ごと削除してから

レジストリエディタを閉じてWinFDを立ち上げます。

 

立ち上げたWinFDから

「設定」 ⇒ 「CFGファイルの読込」で復旧完了です。

 

このCFGファイルは無くてもプチプチ再設定すれば良いのですが、
時間も体力も大変で、けっこう面倒なので
事前にWinFDから
「設定」 ⇒ 「CFGファイルに保存」しておきます。

  

◆ その他 

 WinFDが起動しない時に、タスクマネージャーのバックグランドプロセスの項目にWinFDが有れば、これを終了させればWinFDが起動出来ることもあるらしい。 

Windows10でWinFDとWFDTool.dllの組み合わせでファイルを右クリックをすると、
100%の確率でRuntime Error!でWinFDが不正終了する時の回避方法。

・解決方法

WfdTool.dll 1.43 β6 を 1.42 β3 にする。
もしくはWfdTool.dll を使わない。


https://sonotato6.com/no2/windows10-winfd/

ウィルス検知サイト

トロイの木馬などのウィルス検知サイトです:

https://www.virustotal.com/

  

ネットから持ってきたソフトのインストールがうまくゆかないときは、以下で自動削除の経歴をチェック。 

⇒ コントロールパネル
⇒ すべてのコントロールパネル項目
⇒ セキュリティとメンテナンス
⇒ Windows セキュリティの表示
 

これで、ファイルが自動削除されている場合は、
トロイの木馬などウィルスがソフトに仕掛けられている可能性があります。

 

今回のネットから落としたソフトもインストールのための「.exe」ファイルがウィンドウズによって自動削除されていたので、そのファイルを上記「virustotal.com」サイトでオンライン検索したところ、71種類の検索エンジン中から20種類のウィルス検索でレッドサインでした。
 
51種類の検索エンジンではウィルスが見つからなかったわけですが、危険サインが多いので使用を断念しました。
 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

虎ノ門ニュース
2022/11/02 09:21
不調臓器の判断
2022/10/28 14:33
全国有志医師の会
2022/10/27 12:27
テニス肘(外側上顆炎)
2022/10/20 09:25
コーヒーの知識
2022/10/13 10:44

新着トラックバック

Re:ブースターショットの結果
2022/07/27 from trendingsimple.com

Feed